乳輪・乳頭専門クリニック

乳輪・乳頭に関するご質問をFAQ形式でご紹介。

あなたのお悩みを解決します!

HOME > よくあるご質問

矢印  よくあるご質問

乳頭縮小手術Q&A

Q1.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術の傷は目立ちますか?
A1.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術は乳頭(乳首)内を切開し縫合しますので、ほとんど傷は目立ちません。
Q2.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術をした場合、授乳に影響はありますか?
A2.乳頭(乳首)肥大部を切開する際、乳管を傷つける事はありませんので、授乳には全く支障ありません。
Q3.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術をして乳頭(乳首)の感覚がなくなる事はありますか?
A3.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術直後は多少感覚が鈍くなることはありますが、時間と共に落ち着いていきます。
Q4.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術と豊胸手術を考えているんですが、同時に手術できますか?
A4.豊胸手術時に、乳輪肥大切除縮小手術や乳頭(乳首)肥大切除縮小手術も同時に手術することは可能になります。
Q5.乳頭(乳首)肥大切除縮小手術は、片方だけの乳頭を手術することは可能ですか?
A5.片側の乳頭だけの手術や、乳頭(乳首)の左右差を整える事が可能です。

陥没乳頭手術Q&A

Q1.陥没乳頭(乳首)治療後、ブラジャーはいつ頃から着用可能ですか?
A1.乳頭(乳首)を圧迫しない様にする為、1ヶ月間はブラジャーの着用は禁止です。もしくは、大きめのカップのブラジャーを着用する様にして下さい。
Q2.陥没乳頭(乳首)治療後に授乳はできますか?
A2.陥没乳頭(乳首)のご治療は、乳管を温存して切開してのご治療になりますので、授乳に影響はありません。
Q3.陥没乳頭(乳首)治療後に乳頭(乳首)の感覚が鈍くなる事はありますか?
A3.陥没乳頭(乳首)治療によって、乳頭(乳首)の感覚が鈍くなる事はありません。埋没していた乳頭(乳首)を露出させますので、術直後は着衣などの摩擦で感覚が敏感になる場合もありますが、時間とともに慣れていきます。
Q4.片方の乳頭(乳首)だけが陥没しているのですが、手術はできますか?
A4.乳頭(乳首)の陥没が片方だけでも手術は可能です。
Q5.陥没乳頭(乳首)は手術した法がよいのですか?
A5.陥没した乳頭(乳首)は、見た目の問題以外にも乳頭炎、乳腺炎になりやすかったり、授乳時に障害が出る場合がありますので、状態に合わせての治療をお勧めします。
Q6.乳頭(乳首)の陥没が再発する可能性はありますか?
A6.陥没の状態に合わせて適切な手術を行えば、ほぼ元に戻る事はありません。
Q7.他院で陥没乳頭(乳首)の手術をしたのですが再発してしまいました。 陥没乳頭(乳首)の再手術は可能ですか?
A7.陥没乳頭(乳首)治療後の再手術も可能になります。
Q8.陥没乳頭(乳首)手術の傷跡は目立ちますか?
A8.乳頭(乳首)内を切開し処置しますので、傷跡が目立つ事はありません。
Q9.陥没乳頭(乳首)の手術後の固定はありますか?
A9.陥没乳頭(乳首)手術後1週間は乳頭(乳首)が乳腺側に引き込まれない様にプロテクター固定をし、その上からガーゼで固定します。
Q10.男性でも、陥没乳頭(乳首)の施術は可能ですか?
A10.男性の方でも、陥没してしまっている乳頭(乳首)でお悩みの方は非常に多くいらっしゃいます。男性の方でも陥没乳頭(乳首)の手術は可能になります。

乳輪縮小手術Q&A

Q1.乳輪肥大切除縮小手術後、ブラジャーはいつから着用可能ですか?
A1.乳輪肥大切除縮小手術から3日後であれば、締め付けの少ない、いつもより大きめのブラジャーであれば着用可能です。
Q2.乳輪肥大切除縮小手術で傷が目立たない方法はありますか?
A2.乳輪肥大を縮小する際、乳輪肥大の内側を切開し、乳輪を縮小する方法が傷が目立たない治療法となります。
Q3.乳輪肥大切除縮小手術した後、元の乳輪の大きさに戻ってしまう場合もあると聞いたのですが、どんな場合ですか?
A3.乳輪肥大部を単に切除して縫合するだけの場合は下垂の影響で元に戻ってしまう場合もありますが、内側をしっかり縫合処置することで、乳輪の大きさが元に戻ることはありません。
Q4.乳輪内側切除縮小法手術と、乳輪外側切除縮小法手術では、どちらの方法が乳輪をより小さくできますか?
A4.乳輪外側切除縮小法手術の方が面積を大きく切除できますので、乳輪内側切除縮小法手術よりも効果は大きく得られます。
Q5.乳輪縮小手術は男性の場合でも治療可能ですか?
A5.男性の方でも乳輪肥大に悩み、乳輪肥大切除縮小手術を希望される方は多くいらっしゃいます。
Q6.乳輪内側切開縮小法手術は、乳頭の高さが低くなりやすいデメリット以外にリスクはありますか?
A6.乳輪内側切開縮小法は、傷が目立たない反面、乳頭が乳輪に引っ張られ高さが低くなる可能性はありますが、他のリスクはありません。

乳輪色素除去Q&A

Q1.トレチノイン療法中はどういった状態になりますか?
A1.乳輪・乳頭に炎症と皮むけがおこりますが、この反応はまったく問題ありません。あまりにも痛みが続くようであれば医師にご相談ください。
Q2.通院の必要はありますか?
A2.乳輪の色素脱色状態を見るために、必ず通院、診察が必要となります。
Q3.トレチノインやハイドロキノンは市販でも購入できますか?
A3.非常に強い作用がありますので、医療機関でのみ処方が可能となります。
Q4.乳輪にハイドロキノンだけを塗って乳輪の色素か薄くなりますか?
A4.ハイドロキノンだけでは、浸透性が優れないため、ピーリング効果のあるトレチノインと一緒に使う事により、乳輪の色素を薄くする事ができます。
Q5.どの位で効果はでますか?
A5.乳輪の色素の濃さにより個人差ありますが、1~6ヶ月くらい少しずつ効果が現れていきます。1クール3ヶ月になり、クール数は個人差があります。

矢印 お悩み検索

乳頭を小さくしたい 乳頭が陥没している 乳輪の色が気になる

▲ このページの先頭へ